赤ちゃんや子供の発熱には首やわき、そけい部を冷やそう。 熱を下げるためのわきアイス、ももアイスの保冷剤がおすすめ。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

1月に入り、皆さんの周りでもインフルエンザや風邪が本格的に流行してきたのではないでしょうか。
特に赤ちゃんや小さなお子さんが高熱を出したら、かなり辛そうなので少しでも早く下げてあげたいですよね。

そんな時に、活躍するのがわきやももを冷やす事が出来る保冷剤です。

赤ちゃんが発熱した時どこを冷やせばいいのか?

熱が出たら、とりあえず冷却シートを額に貼ったり、アイスまくらを頭の下に置いたりする方が多いと思います。

しかし、実は冷却シートなどで頭を冷やすことは解熱に効果がないと言われています。

じゃあどこを冷やすのかというと、リンパの集まる場所が効果的みたいです。
例えば、わきや首周り、そけい部(太ももの付け根)などがあげられます。

保冷剤が固定できるわきアイスやももアイスは小さいお子さんにおすすめ。

自宅にある保冷剤で冷やすことも可能ですが、赤ちゃんや子供は寝ている間も動くのでなかなか固定するのは難しんです。

そんな時に見つけたのがこの「わきアイス」と「ももアイス」

両サイドのゴムから腕を通し、脇の下に挟むことが出来るので、多少動いても保冷剤が外れずとても便利です。
カバーのまま冷凍庫で保管でき、何回でも使用できますよ。
発熱時だけでなく、暑いときの外出にも使えそう。

また、もも専用の保冷剤もあってそけい部(ももの付け根)などを冷却するのにおすすめです。

大人用もあったよ。常備しとくと安心かも。

実はこのももアイス、大人用もあるんです。
腐るものでもないし、もしもの為に冷凍庫に常備しておくと安心できますよ!

発熱時に、保冷剤をお探しの方は是非参考にされてみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。