マンションでの子供や赤ちゃんの騒音対策を考えてみる。 おすすめのジョイントマットや衝撃吸収のシートを紹介してみる。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

最近、歩き回ったり玩具で激しく遊んだりと下の子供が活発になってきました。
現在我が家はマンションに住んでいるので、下の階に住んでいる方に迷惑になっていないか、心配になります。
子育て世代が多く住んでいるマンションなので、騒音はお互い様で多少の事は我慢するしかないのかもしれませんが、親としては少しでも対策して騒音は最小限にしたいもの。
やっぱり、ご近所トラブルは避けたいもんね。

そこで、今回は騒音対策に使えそうな物を色々調べたので紹介したいと思います。

定番のジョイントマット。キャラものやおしゃれなのもあるよ。

小さなお子さんがいる家庭では必ずと言っていいほど床に敷いてあるジョイントマット。

赤ちゃんが転んでも痛くないように、敷いていますが厚手のクッション素材なので、子供の足音や玩具で遊ぶ音などもかなり吸収してくれ、一石二鳥の優れものです。

こちらは皆が大好きなアンパンマンのキャラクターがデザインされているもの。
キッズスペースに置いておけば、子供も大喜びですよ。

シンプルな色合いなので、どんな部屋の雰囲気にも合わせやすいです。
コスパが良いので、沢山買ってリビングに敷き詰めるのもありですよ。
組み合わせ次第で模様を色々変えれるので、お気に入りを見つけてくださいね。

こちらは、簡易的にサイドを囲うことができ簡単にキッズスペースの出来上がりです。
ボールや小さい玩具など散らばるのを防いでくれるのもおすすめポイントです。

洗濯もできる厚手のプレイマットもおすすめ。

こちらのおしゃれなプレイマット。
2~3cmと厚手で、遊んだり寝転んだりと赤ちゃんの頃から長く使えます。
洗濯機で洗えるので万が一汚れても安心です。
色々なデザインがあるので、出産のプレゼントなんかにも喜ばれそうですね!

カーペットの下にアルミシートを敷くのもおすすめ。

リビングのカーペットの下に厚手のアルミシートを敷くのもおすすめです。
子供が物を落としたり、バタバタしたりちょっとした衝撃も吸収してくれるそうです。
保温効果もあるので、この時期にピッタリですね。
また、折りたためるのでレジャーに持って行くことも可能です。

赤ちゃんや子供の騒音対策グッズを紹介してみて。

まずは、ジョイントマットなどを買って子供の遊ぶスペースを作ることで少しでも騒音対策になればと思いました。
まだ、下の子は1歳になったばかりので親の言葉が通じるのはかなり先の話。
それまでは、出来る限り周囲の住人の方に迷惑にならないように心がけたいと思います。

こんな時、戸建ての家に住みたいなーなんてしみじみ思います。
改めてマイホームの購入が具体的になる瞬間。
マイホーム購入に向けて頑張るぞ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。