舞鶴公園で開催中の『チームラボ・福岡城跡光の祭』に行ってきた!

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

12月に入り冬も本番に突入しましたが、今年も意外と暖冬ですね。

思ったより寒くない。
なんなら子供達と公園に行けるくらいの気候です。

寒いのが苦手な僕としては、暖かい冬はありがたいです!!

さて、先週末は子供達を連れて、福岡市の舞鶴公園で開催されている『チームラボ福岡城跡光の祭』に行ってきました。

光る巨大な卵がいっぱいあるということで、子供も楽しみにしていましたが、すごく幻想的で想像以上に大人もめちゃめちゃ楽しめました!

早速、レポートしたいと思います。

舞鶴公園・福岡城跡へのアクセス

福岡市にある舞鶴公園は、都会のオアシスと言われる大濠公園と隣接しています。

繁華街とも近いので、アクセスは抜群に良いです。

バスや地下鉄などをはじめ、公園周辺には有料駐車場が沢山あるので、車で行くのもおすすめですよ。

チームラボ福岡城跡光の祭に行ってきた

開催期間2019年11月29日(金)~ 2020年2月2日(日)
開催時間18:00~22:00 (入場は21:30まで)
料金大人1,200円
中高生800円
子供400円(3歳以下無料)

開催期間中は無休とのこと。

チケットは当日会場でも買えますが、コンビニだとセブンイレブンで事前購入できるので、事前に買っておくとスムーズです。

冬場なので、6時前には周囲は真っ暗。
5時50分くらいに行きましたが、すでに50m程行列が出来ていました。

会場に入ると、沢山の巨大な卵が出迎えてくれます。

1個1個が本当にでかい。
触るのもOKです。

卵は幻想的な色で光っているんですが、公式サイトで調べてみると、光のovoid(卵形体)は人がかき分けたり、押したり触ったりすることに反応して色を変えているんだそうです。

卵が何十個も密集している人気スポット。
多くの人が卵と卵の間を行ったり来たりしているので、方向感覚も無くなり、まるで迷路のよう。
とても、不思議で面白い空間なので子供達も一番のお気に入りでした。

ただ、卵の間に入るとかなり圧迫されるので、小さいお子さんは注意されてくださいね。

夜景もかなりの見所スポットでした

卵で一通り遊んだ後は大天守台跡に登り、上から福岡の夜景と城跡の風景を一望できます。

とにかく、きれい!!
遠くには都会のキラキラした夜景。
真下にはカラフルに光る卵が幻想的です。

ずっと眺めていたいくらい綺麗なのですが、テラスがあまり広くないのと、人が多いのもあって混雑してました。

噂のプロジェクションマッピングもしっかりと見てきた

石垣を利用して表現するプロジェクションマッピング。

音楽と映像の迫力がすごかったです。
子供達も釘付け!

天守台を降りると『お絵描き黒田官兵衛』のコーナーで遊ぶことが出来ます。

黒田官兵衛にゆかりのある歴史上の人物を色塗りし、コピー機で読み取って貰うと映像化され、踊ったり話したりします。

3歳の色塗りが上手じゃない子供が書いても、綺麗に映像化されて驚きました!

画面にタッチして人物に触ると、決まったセリフですが話してくれますよ。

時には皆で踊りだしたりするので、シャッターチャンスがいっぱいでおすすめです。

子供と一緒に楽しめるイベントでした

冒頭でも書きましたが、12月に入っても比較的暖かいので、夜のイベントでしたが楽しめました。

ただ、会場に行く頃には周囲は真っ暗ですし、城跡なので足場が悪かったりするので、歩きやすい格好で行くことをお勧めします。

天守台に行く方は階段が結構急なので、スニーカーが良いですよ。

光る卵をはじめ、とても幻想的で綺麗な空間で、さすがチームラボだなと思いました。

子供に限らず、大人でもめちゃくちゃ楽しめました。

2月のはじめまで開催しているので、気になった方はぜひ足を運んでみてくださいね!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。