2017年~2018年のインフルエンザを予防しよう!マスクやうがい薬などおすすめの対策グッズを紹介しとく。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

毎年、12月から3月にかけて流行るインフルエンザ。
そろそろ本格的に流行する季節になってきましたね。

今年はワクチン不足だと聞いて、我が家の子供達も急いで予防接種に行ってきました。
残念ながら予防接種だけでは完全にインフルエンザの感染を防ぐことはできないそうです。

昨年、生後4ヶ月だった下の子供がインフルエンザにかかって、つらい思いをさせたので、今年は絶対かからないようにするぞ!と意気込んでいる今日この頃。
少しでもインフルエンザが予防できればと思い、対策グッズを沢山調べたのでいくつか紹介したいと思います。

やっぱり人ごみではマスク。高機能なマスクや抗菌スプレーも併用でインフルエンザ対策。

インフルエンザの感染経路には、咳やくしゃみから感染する飛沫感染とウイルスの付いたドアノブやスイッチ等を触って、手に付いたウイルスから感染する接触感染の2種類があります。
やっぱり、人ごみに行くときはマスクをつけて予防したいですよね。
通勤や通学で毎日使う方はこちらの大容量のものがオススメです。
一度使ったマスクは、繰り返し使わず新しいものを使用するようにしましょう。

大容量のお得なマスクはこちら→マスク

最近はマスクに吹きかけると抗菌作用があるスプレーや、のどを潤してくれる高機能なマスクなども発売されています。
特に周囲でインフルエンザが流行ったり、自分の体調が優れないときは感染しやすいので、合わせて対策できるものがあると安心ですね。

インフルエンザ予防にはうがい薬がおすすめ。最近はポンプ式が主流。大容量なので毎日使う人におすすめ。

うがいもインフルエンザの予防には効果的です。
以前はヨード系(イソジンなど)のものしかありませんでしたが、最近は無色透明で味もスッキリしたメンソール味や子供も使えるようにフルーツの味がする物も発売されています。

大容量でポンプ式の物は、毎日家族で使うのに便利ですよ。

うがい薬はこちらをチェック→うがい薬

おでかけにはアルコールジェルや除菌シートを持ち歩いてインフルエンザ予防を。

この時期、おでかけの際には携帯できるアルコールジェルや除菌シートを持ち歩くのがおすすめです。
手を洗うのが一番ですが、毎回お手洗いが近くにあるとは限らないので除菌できるものを携帯しておくと心強いですよ。

特に小さいお子さんなどは、大人と目線が違い、何でも触ってしまうものです。
知らない間に、手が汚れてたというのはあるあるですよね。
外食やおやつを食べる際に、手洗いと平行して使用すると効果的です。

ハンドソープのイメージが強いキレイキレイから出ている除菌シート。

空間除菌できるキープバリアやクレベリンもインフルエンザ対策グッズで人気。

ここ数年、人気急上昇中の二酸化塩素ガスを拡散させ空間除菌できるグッズたち。

ネックストラップにもなるキープバリアは、携帯するだけで身の回りの空間のウイルスを除去・除菌・消臭までしてくれる優れものです。

デスクに置いたり、ネックストラップで首から提げたりと、会社でも違和感なく使えるのは助かりますね。

医療関係の会社に勤めていたり、受験生がいるご家庭、人が多い場所に行く際なんかもオススメです。


また、置き型タイプのクレベリンは、リビングや寝室など自宅のあらゆる場所に置いて使用できます。
浮遊しているウイルスや菌の除去、消臭効果に優れており、クリーンな空間を持続できますよ。

それ以外の空間除菌グッズはこちら→空間除菌グッズ

インフルエンザ対策のグッズを紹介してみて。

僕は幸いなことに、ここ数年インフルエンザにかかっていませんが、仕事柄たくさんの人と会うので予防や対策はしっかりしないといけないなと思っています。

特に、空間除菌ができるものは助かりますね。
今年は是非、購入して使用してみようと思います。

皆さんも、しっかり対策グッズで予防して今年の冬を健康に乗り切りましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。