話題の映画「リメンバーミー」を見てきたよ。正直な感想を書いとく。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日、公開直後から気になっていた映画「リメンバーミー」を見に行ってきました。

物語の舞台はメキシコ。
音楽を愛するミゲルと死者の国で出会うガイコツ達のストーリー。
簡単に言うと「家族の絆」や「亡くなった人への思い」を考えさせられた映画でした。

同時上映は「アナと雪の女王。家族の思い出」でした。
こちらもボリュームたっぷりで結構長かった。

予想を裏切らない面白さだったので、感想を少し書いてみたいと思います。

まずはアナ雪から。相変わらずの綺麗な歌声に感動。

アナとエルサが初めてクリスマスをお祝いするストーリー。
門を閉ざしてから、クリスマスをしていなかったのでどう過ごして良いか分からない様子。
オラフが2人の為に、クリスマスの楽しみ方を見つけてドタバタって感じです。

20~30分くらいあって予想以上にボリューミー。
新曲も4曲ほどあって、2人ともさらに歌が上手になってる気がしました。

でも、やっぱりすごいのはオラフ役のピエール瀧さん。
振り切って演技されてるので、全然オラフを見ても瀧さんって感じがしません!
俳優としての演技力もあるけど、声優としても抜群に上手いと思います。

最後はお決まりのハッピーエンドなんで、アナ雪好きな方は是非どうぞ!

リメンバーミーの感想をちょっとだけ書いとく。

ガイコツが沢山出ているので、見たくないと言っていた息子を連れて映画館へ。
子供も沢山いましたが、年齢層は若干高め。
大人で見に来ている人も結構多かったです。

ネタバレになるので、あらすじは簡単に書きます。

主人公のミゲルは音楽が大好きですが、家族に大反対される。
反対を押し切って、音楽のコンテストに出ようと家を飛び出しひょんなことから死者の国に迷い込みます。
そこで出会う、様々なガイコツ達と繰り広げられるストーリー。
音楽を反対される理由とは何か、家族の絆は取り戻せるのか・・・

さすがディズニーのピクサー作品とあって、映像美が半端なかったです。
死者の国はとてもカラフル。
ガイコツだらけなのに、死んだ後の世界の方が何故か近代的だし、皆で歌って踊って陽気で楽しそう。

主題歌になっている「リメンバーミー」を含め、ラテン音楽が映画を盛り上げてます!

物語の中では、生きている人が写真を飾ってくれなかったり、思い出から忘れ去られると、死者の国からも消えてしまうという事実。

これって映画の中だけじゃなく、実際に現実の世界でも同じだと僕は思います。
日本ではお盆や法事、お墓参りなど、日常的に亡くなった人を大切にする風習が沢山ありますよね。

死んだ後だって、家族は家族の事を思い会いたいと願う。
生きている内に、そんな関係性が築けたら素敵だと思いました。

正直、リメンバーミーは大人向けかもしれない。

一緒に見に行った息子ですが、アナと雪の女王の方が面白かったらしく、リメンバーミーの後半では少し飽きてました。
小学生低学年だと、内容が少し難しかったかも知れません。

でも、僕的には面白かったし、同じディズニーで言えばベイマックスとテイストは似てたかな。

音楽も映像も迫力がすばらしいので、興味がある方は是非映画館で見るのをオススメします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。