【イニシエ系ラーメン】『博多ラーメン専門店 幸ちゃんラーメン 西月隈店』に行ってきた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日、一幸舎がプロデュースしている『博多ラーメン専門店 幸ちゃんラーメン 西月隈店』に行ってきました。

博多駅筑紫口に『博多一幸舎』の新店舗がオープンしたので食べてきた。

2021.10.20

新しい店舗オープンしたばかりだし、一幸舎すごいなと思う。
今回お邪魔した店舗も一幸舎の創業者の方がプロデュースしていて、創業者の吉村幸助さんと弟子の西村勇弥さんが共同開発で立ち上げたブランドらしいです。
何か新しいことをやろうという話から、今ではなかなか食べられない懐かしい豚骨ラーメンを作ろうとなり、誕生したラーメン屋なので、一幸舎とはコンセプトが全く異なるお店。

はたしてどんなもんだろうかと思ってましたが、普通に美味しく頂けたので、紹介しておきます。

博多ラーメン専門店 幸ちゃんラーメン 西月隈店

店舗情報

住所福岡県福岡市博多区西月隈1丁目16-15
TEL092-710-4770
営業時間08:00〜20:00
定休日不定休
WEB幸ちゃんラーメン WEBサイト

アクセスマップ

場所は都市高沿い。
西月隅で高速降りて、都市高沿いに進んだら辿り着きます。
迷うことはないはず。

一幸舎のセカンドブランドなので、麺はもちろん「製麺屋 慶史」
これだけで期待は高まりますね。

オーダーの仕方が斬新でした

入り口横にある食券機。
豚骨ラーメンと油そばがあります。
チャーシューメン(800円)と味付玉子(120円)、替玉(100円)を購入。

よくある食券制かと思いきや、、、

これを渡されます。
フードコートでよく見るやつ。
音が鳴ったら取りに来てくださいってスタイルです。
斬新でした。

店内はこんな感じです。
カウンター席がメイン。
お水もセルフサービスなので、食券を渡してお水を注いで、窓際のカウンター席へ。

席にもメニューがあります。
トッピングなどは現金で追加注文も可能です。

『幸ちゃんラーメン』の豚骨ラーメン

ピピーっと音が鳴ったら、ラーメンを受け取りに行きます。

チャーシューメン feat. 味付玉子です。

一幸舎といえば元祖泡系として有名ですが、幸ちゃんラーメンは少し趣が違います。

スープの色から違いますね。

気になるお味ですが、豚骨の旨味や香りはしっかりとありつつ、あっさりした味。
醤油ダレのキリッとした味わいが特徴的なバランスの取れたスープです。
一幸舎のラーメンというよりは、長浜ラーメンに近い味ですね。
重くないので食べやすいです。

麺はストレートな細麺で、スープとの相性が素晴らしいです。
この麺ですが、食べた時のコシがかなりあって美味しいです。
さすが「製麺屋 慶史」だなって思いましたね。

かなり大きいチャーシュー。
一幸舎のチャーシューもそうですが、こだわりが詰まったチャーシューってめちゃくちゃ美味しいですよね。
控えめな味付けにも関わらず、肉の旨みがブワーッと口に広がります。
あっさりめなスープの邪魔はしてないのに、しっかりと存在感はある絶品。

味付玉子。

完璧なトロけ具合でした。
さすがは一幸舎プロデュース。
一幸舎の玉子はいつも完璧なので、すごいです。
絶対にトッピングで入れる価値がある。

替玉。
こちらは席まで持ってきてくれます。

味変アイテムも充実しているので、替玉と同時に味変を開始します。
辛味の素も美味しかったですが、あっさりしたスープには紅生姜と白ゴマが合うなと思いました。

味変も楽しみながら、替玉もあっという間に完食でした。

御馳走様でした。

一幸舎とはまた違った美味しさを楽しめる『博多ラーメン専門店 幸ちゃんラーメン』

ずっと気になっていたお店に行くことが出来て大満足。
一幸舎とはコンセプトが異なるラーメンということだったので、どんな感じかなと思ってましたが、食べてから思うのは一幸舎ってやっぱり凄いなでした。
スープ、麺、チャーシュー、味付玉子、全てのクオリティーが高くて、美味しかったです。

ちなみにコンセプトは「子供の頃に食べた、昔懐かしい博多ラーメン」「シンプルで毎日食べても飽きのこないラーメン」とのことでしたが、確かにと納得できる美味しいラーメンでした。
ジャンルで言うと「イニシエ系ラーメン」ってやつみたい。

次は油そばも試してみたいですね。
また行ってこようと思います。

あっさりした豚骨ラーメンを食べたいなとか、ノスタルジックなラーメンを食べたいという人には、是非足を運んでみて欲しいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。