博多駅筑紫口に『博多一幸舎』の新店舗がオープンしたので食べてきた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

9月末に博多駅筑紫口に『博多一幸舎』の新店舗がオープンしました。
国内国外に多数の店舗を展開している一幸舎ですが、筑紫口の店舗が国内で18店舗目になるらしいです。
すごい勢いですよね。

Instagramとかでも投稿が増えてて、ずっと気になっていたのですが、なかなか足を運ぶことができず。

先日、やっと訪問することができたので、記事にしておきます。

博多一幸舎 筑紫口店

店舗情報

住所福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
TEL092-292-5155
営業時間11:00〜22:00
定休日不定休
WEB博多一幸舎 公式サイト

アクセスマップ

以前は「おっしょいラーメン」があった場所にオープンしています。
アクセスが抜群に良い。

泡系豚骨ラーメンのオブジェがドンと飾られています。
絶対に迷うことはない。

博多一幸舎 筑紫口店では泡系豚骨以外のラーメンも味わえます

僕が行った時にはお店の外にすでに行列ができていました。
立地も良いし、新店舗という話題性もあるとは思いますが、改めて一幸舎の人気の高さが伺えます。

メニューが気になる。
筑紫口店では定番の泡系豚骨ラーメン以外にも、豚骨スープと塩だれを組み合わせた「塩豚骨ラーメン」や「中華そば」などを選んで食べることができます。
ちなみに「肉盛り中華そば」は、筑紫口店限定のメニューらしいです。

15分ほど待って入店。
テーブル席に案内されて撮った写真。
店内が人で溢れている。
店内での混雑を避けるため、入口と出口が別々なのが面白い。
食券制ではなくて、出口の横にレジがあります。

鉄板の豚骨ラーメンにするか、限定メニューの中華そばにするか、めちゃくちゃ悩んで「肉増し中華そば」を注文しました。

筑紫口店 限定メニュー「肉増し中華そば」

肉増し中華そばです。
一幸舎自慢のチャーシューを存分に味わって欲しいというコンセプトで作られたメニューだけあって、チャーシューの存在感が凄まじいです。

スープは濃厚な醤油味のスープ。
公式サイトによると、鶏ガラベースに煮干しやウルめ節、鶏油を加えたスープと魚介の風味を効かせた醤油ダレを組み合わせているそうです。
醤油の風味や旨味がガツンと効いていて、あとから魚介の風味が追いかけてくる感じ。
美味しい。

麺は王道の「製麺屋慶史」製のものが使用されています。
豚骨ラーメンと違って、こちらは中太麺。
モチモチとした食感で食べ応えがめちゃくちゃあります。
濃厚な醤油スープをしっかりと吸い込んでくれて美味しい。

自慢のチャーシュー。
とろとろに柔らかいのに、肉の旨味が凄まじい。
歯応えも抜群で、濃厚な醤油のスープとよく合う。

味変でラーメン用の辛味油も試しましたが、何も入れない方が僕は好きでしたね。

連れが頼んだ「赤ラーメン」
結構辛いみたいです。

サイドメニューの肉飯。
ご飯の上にチャーシューとネギをのせて、甘辛いタレをかけただけというシンプルなものですが、これまた美味い。
中華そばのチャーシューより控えめな味付けですが、タレとの相性が素晴らしい。
中華そばは大盛りや替え玉ができないので、肉飯も頼むと良い感じでおなかいっぱいになりました。

御馳走様でした。

筑紫口店の限定メニュー「肉増し中華そば」は食べてみる価値あり

物珍しさで頼んでみたけど、王道の豚骨ラーメンに負けず劣らず、美味しかったです。
泡系の濃厚豚骨ラーメンも捨てがたいですが、たまには変わり種のラーメンを食べるのもありだなと思える一杯です。
やっぱり一幸舎のラーメンは美味しい。

お酒や唐揚げとかも置いてあるので、仕事帰りにちょっと一杯ひっかけて、締めにラーメンを食べて帰るというような使い方もできそうですね。

アクセスも抜群なので、機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。