牡蠣食べたいねって記事書いたら、蟹食べたいねってなったので美味しそうな蟹を探してみた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日、牡蠣が無性に食べたいという記事を書きました。

牡蠣が無性に食べたくなったので、美味しそうな牡蠣を探してみた。

2021.10.09

奥さんに交渉して、美味しい牡蠣を食べさせてもらおうという作戦だったんですが、我が家では僕以外に牡蠣を食べる人がいないということもあって、いつの間にか牡蠣ではなく、蟹食べたいねという話に。
牡蠣を食べたい作戦は失敗に終わりました。

ならば、美味しい蟹を調べましょうってなったので、美味しそうな蟹をネットで色々探してみました。

年末も近いので、この場で美味しい蟹を紹介してアピールしておけば、お歳暮で蟹をもらえたり、年末に実家に帰れたら蟹を死ぬほど食べさせてもらえるんじゃないかという魂胆です。

というわけで、個人的な主観で美味しそうな蟹を紹介していきます。

どの蟹を選ぶか?

美味しい蟹を探す上で、まず浮かんだのがこの疑問。
普段出された蟹をひたすら食べるということしかしていないので、蟹の種類には正直無頓着です。
代表的なものを紹介します。

ズワイガニ

まずは有名なズワイガニ。
カニ独自の甘みと上品で濃厚な味わいで人気です。
旨味が強く、食感は柔らかいので、しゃぶしゃぶや刺身でも美味しく食べることができます。
カニ味噌も美味しい。

本ズワイガニ・大ズワイガニ・紅ズワイガニの3種類に分類され、産地の名前などでブランド化されているものが多いのも特徴です。
「松葉ガニ」「越前ガニ」などが有名ですね。

タラバガニ

続いては、タラバガニ。
僕が普段食べているのは、これだと思います。
トゲトゲがついた蟹。
でも、ヤドカリの仲間らしい。

肉厚で食べ応えはあるのに、淡白であっさりして食べやすいのが特徴。
肉厚でプリプリしているので、食べ応えもかなりあります。
サイズが大きいので食べ応えもありますが、意外とカニ味噌は少ないらしいです。

焼いたり、蒸したり、鍋にして食べるのがおすすめな蟹です。

毛ガニ

最後は毛ガニ。
これは普段食べる機会があまりない気がします。
全身に毛が生えた蟹です。

ズワイガニやタラバガニに比べると、小ぶりなので量は少なめ。
量は少ないですが、身はとても甘く、カニ味噌が一番濃厚ということもあって、蟹好きにはたまらないのが毛ガニです。

甲羅ごと火にかけて、カニ味噌と絡めて食べたり、カニ味噌に日本酒をかけて甲羅酒を楽しむなど、マニアックな楽しみ方ができます。

個人的に食べてみたい蟹を紹介

越前蟹

ズワイガニで検索したら、一番上に出てくる越前蟹。
こちらの商品は伝説と言われる商品で、楽天の三木谷社長も絶賛するというお墨付き。
刺身でも楽しめる鮮度も素晴らしい。
カットがされているのも嬉しいですね。

北海道産生本ズワイ蟹

海鮮と言えば、北海道は外せないと思って選びました。
ズワイガニの中でも最高ランクの本ズワイガニです。
手間暇かけて収穫された、希少価値の高い蟹です。
美味しくない訳がない。

松葉ガニ

越前ガニと同じくらい、ズワイガニの中でも人気なのが松葉ガニ。
山陰地方で収穫されたものが、松葉ガニとしてブランド化されるらしい。
取り決めが厳しく、鮮度の高いものが多いのも松葉ガニの特徴だと思います。
刺身でもしゃぶしゃぶでも焼きでも楽しめる逸品です。

心ゆくまで楽しめる量の蟹

こちらはタラバガニです。
肉厚で食べ応えのあるタラバガニを心ゆくまで満喫したいとい願いも込めて、チョイスしました。
総重量がなんと2kg。
一心不乱に蟹を楽しめる量です。

どの蟹も美味しそうで悩む

色々な蟹を紹介しましたが、どれも美味しそうで悩みますね。
一つ言えるのは、美味しい蟹を購入するなら、ネットでの購入が良さそうです。
めちゃくちゃ種類が多いので。









蟹以外にも海鮮を豊富に取り扱うお店もたくさんありますよ。

蟹を食べたい方、蟹を贈りたい方はぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。