宮崎市で味わえる身体に優しいラーメン『DRAGON FIRE 皇寿麺』に行ってきた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日に引き続きのラーメン屋の紹介ブログです。

唐突ですが、皆さん宮崎のラーメンってどんな印象がありますか?
辛麺の印象が強い方もいるんじゃないでしょうか?

かくいう昔の僕も、宮崎のラーメンなんて美味しいものは少ないと思ってました。

ただ最近は美味しいラーメン屋さんも増えているんですよね。

先日紹介した、「らぁめん・つけめん ちゃが商店 一番街店」もその一つ。

宮崎市で二郎系ラーメン!?色んなラーメンが味わえる「らぁめん・つけめん ちゃが商店 一番街店」に行ってきた。

今回紹介するのも、そんな宮崎市で人気のラーメン屋さんです。

さっそく紹介していきます。

宮崎市で味わえる身体に優しいラーメン『DRAGON FIRE 皇寿麺』

店舗情報

住所宮崎県宮崎市橘通西2丁目7-26
TEL090-1168-3700
営業時間火~木
11:00~14:00、19:00〜翌1:00
金・土
11:00~14:00、19:00~翌3:00

11:00〜14:00、17:00〜21:00
定休日月曜日

以前から外観のインパクトで気になっていたお店です。
コロナの影響もあって、なかなかお邪魔できなかったんですが、今回やっと行くことができました。

アクセスマップ

宮崎一の繁華街からちょっと離れた場所にあります。
橘通沿いにあるので、アクセスはいいですが、店舗用の駐車場はおそらくないので、近隣のコインパーキングを利用しましょう。

ちなみに宮崎駅が最寄りの駅ですが、徒歩で15分くらいみたいです。

『DRAGON FIRE 皇寿麺』の外観のインパクトがすごい

これがお店の入り口、外観です。

あまりのインパクトに自分が何をしにきたのか?
来店の目的を一瞬忘れそうになります。

先程の入り口から階段を上がって2階に行くと店の入り口があります。

文字の雰囲気とか、色々気になることはありますが、考えても仕方ないので入店します。

普通のラーメン屋とは一味違ったメニューが楽しめる

時間が遅かったせいか、店内に他のお客さんはほとんどおらず、窓際のカウンター席に座らせて頂きました。

座ってすぐに目に入ってくるポップ。

宮崎名物の「冷や汁」と「辛麺」が合体した、宮崎新名物「皇寿麺」
この情報はネットで仕入れてたし、それが食べたくて足を運んだんですが、ポップからラーメンのイメージがわかないというww
宮崎でも納豆ラーメンとかは食べたことあるし、変わり種なラーメンでもドンと来いとか思ってたら、、、

納豆ありましたww
宮崎は納豆好きな人が多いのかもしれない。

とても悩みましたが、当初の目的である宮崎新名物「皇寿麺」を注文。

辛麺ということもあって、辛さを選ぶことができます。
「皇寿麺」というラーメンのイメージが全く湧いてないということもあり、ここは無難に基本でお願いします。

未知との遭遇に若干緊張しながら、宮崎新名物「皇寿麺」を待ちます。

これが宮崎新名物「皇寿麺」だ!

お待たせしました、これが宮崎新名物「皇寿麺」です。

なんかよく分からんのが出てきたとか思ってたんですけど、よく見ると確かに冷や汁っぽい要素がありますね。
そして、ほのかに香る味噌の香りが食欲をめちゃくちゃそそります。

まずはスープ。
めちゃくちゃ優しい味です。
ネット情報によると、魚をベースに16種類の素材をブレンドしているらしく、魚介の出汁と味噌の融合が素晴らしいの一言。
しっかりとした味で、辛さもちょうど良い感じですね。

麺も特徴的で緑色の麺が使われています。
こちらの翡翠麺と呼ばれる麺は、ほうれん草を練り込んでいるんだとか。
コシもしっかりとしていて、魚介風味なスープとの相性も良いですね。
初めて食べたけど、この麺は美味しい。

そして、チャーシュー。
しっかりと厚みがあるチャーシューですが、味が染み込んでいて良い感じです。

これはメニューを撮影したものですが、かなりこだわって作っているんだなと感じました。

チャーシュー以外には動物性の食材は使ってないらしいですよ。
それなのにこれだけの旨味を感じさせてくれるのは本当にすごいと思います。

食べるだけ健康になれそうな「皇寿麺」
とても美味しいラーメンでした。
病みつきになりそうです。

御馳走様でした。

斬新、かつ美味い、宮崎新名物「皇寿麺」

今までに食べたことがないラーメンでしたが、とても美味しく頂けて、満足です。
宮崎のグルメを楽しみたい人はもちろん、変わり種のラーメンが好きな人にも是非行ってみて欲しいお店ですね。

ただ、一つ心残りがあって、地元の人は最後追い飯を入れて、楽しむんだとか。
そんなことを全く知らずに行ったので、当然今回は試せてません。。。

次行った時は納豆も試したいし、辛さも上げてみたいし、追い飯もしてみたいし、久々にたくさんの心残りができたお店でした。

また、近いうちに行ってみます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。