最強のコストパフォーマンス。290円で楽しめる「博多ラーメンはかたや」に行ってみた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

最近ラーメンの値段が少しずつ高くなったと感じませんか?

小麦粉の価格高騰など原因は様々ですが、昔に比べて値段が高くなったのは事実です。

そんな豚骨ラーメンの価格高騰の流れに逆らって、とんでもない安さで食べることができるラーメン屋が福岡市には存在します。

昭和食品工業さんが店舗展開しているラーメン屋「博多ラーメンはかたや」です。

この時代にラーメンが一杯290円で食べることができるという、抜群のコストパフォーマンス。

今回はそんな博多ラーメンはかたやの堅粕店に行ったので紹介しときます。

博多ラーメンはかたや 堅粕店は24時間営業。

店舗情報

住所福岡県福岡市博多区堅粕1-21-17
TEL092-651-0799
営業時間24時間
WEBhttp://www.showafoods.jp/hakataya.html

驚異の24時間営業。
朝ラーメンを楽しむ人もいるそうです。
朝から豚骨ラーメンは重いとか思いつつ、24時間営業は素敵だなという複雑な心境。

アクセスマップ

都市高速沿いに走るとお店が見えてきます。
北九州側からの方が入りやすいです。
駐車場も完備されているので、行くなら車がおすすめです。

290円で楽しめる博多ラーメンって本当かしら?

数々のラーメンを食べてきた僕としては、290円の博多ラーメンってどうなん?というのが正直な感想。
そもそも本当に290円なのか?

のぼりに書いてるくらいなので、本当に290円みたいです。
290円のラーメンはリスキーと思った、そこのあなた。
僕は全く同じ心境でした。

そこで博多ラーメンはかたやのコンセプトを紹介。

安くて、早くて、美味しくて、いつでも食べられる便利な店。

このコンプセプトのもと。昭和51年に第1号店をオープンして三十有余年。いつも皆様の身近にあるラーメン店として、美味しさを届けています。
おかげさまで、たくさんのお客様からご愛顧をいただきまして、ここ数年すべての店舗で前年比売上を上回り、一部の店舗では前年比120%超のお客様で賑わうほど。

24時間営業のとんこつラーメン店において「はかたや」の価格帯は圧倒的であり他の追随を許しません。
元来、博多ラーメンは安くて美味しいのが当たり前な食べ物なのです。

「はかたや」のラーメンは一杯「290円」
原料を吟味し、その原料の持つ旨味を最大に引き出すことで、美味しさと低価格を実現。
今後も皆様の街になくてはならない、博多ラーメンの「はかラー」を目指します。
どうぞお好きな時間にお気軽にお立ち寄りください。

※昭和食品工業株式会社の公式サイトより抜粋。

これを見たら少しは前向きになれませんか?
前向きになりましょう。

安さに不安を覚えながら、店内へ入ります。

店内はいかにも大衆的なラーメン屋って感じでなんか落ち着く。

店内に入るとカウンター席が広がっています。
テーブル席はありません。
そしてお昼時ということもあって満席です。

せっかくなので食券を買って待つことにします。

こんな食券機が二台置かれてます。

本当に290円。

餃子とライスが付いてくるセットメニューでもこの価格。
度肝を抜かれます。
他の店ならラーメン一杯分の値段で、セットメニューが食べれるという。

ただ、僕には冒険する勇気はないので大好きな高菜が入った高菜ラーメンと替え玉の食券を購入。

二つ合わせて490円

500円玉握りしめていけばお腹いっぱいのコスパですww

カウンターに座って色々チェックしてみた。

席も空いたのでカウンターに座って、色々チェックしてみました。

なぜか一番最初に目に入ったのがこの看板。

こんな感じの冷水機が二台あるので各自で水を注ぎましょう。

カウンター席はこんな感じ。

右手にカウンター席が広がっています。
THE 大衆店って感じ。

そしてテーブルセット。
補充されてない感じが個人的には好き。

店員も外国の人ばかりだったし、人件費とか色々切り詰めてるのかな?って勝手に思ったりしました。
違ってたらごめんなさいね。

290円ラーメンを24時間楽しめるお店は回転が超早い。

席に座って5分経たずに、むしろあっという間にラーメンが出てきました。

この写真を見て、えっ!?と思う方も多いでしょう。
私もそうでした。
見た目の華やかさはありません。

しかし皆さん、ラーメンは味で勝負です。

スープをすすって、麺を食べて。

THE 普通。

食べると分かりますが、不味いわけでもなくめちゃくちゃ美味しいわけでもないです。
何かパンチが効いてるでもない。

そう、普通です。

スープは軽めですがしっかりと豚骨を感じれて、少ししょっぱさが気になるかもっての味。
ご飯に合いそうなラーメン。
麺はもちろん細麺です。

ここまで普通のラーメンがあっていいのか?とか思いながら、替え玉も注文。

替え玉もすぐ出てきます。
子供用のどんぶりに入れられている感じがシュールで好きです。

替え玉をぶち込んで、ラーメンダレを入れて、あっという間に完食。
お店の滞在時間約15分。
抜群の回転率ですね。

けなしてるように見るかもしれませんが、個人的には結構気に入りました。
この低コストでこのクオリティーはやばいです。

ごちそうさまでした。

24時間営業のラーメン屋「博多ラーメンはかたや 堅粕店」に行ってみて。

コストパフォーマンスの良さがとにかく印象的でした。

めちゃくちゃ美味いラーメンを食べたい時に行くお店ではないですが、このコストパフォーマンスと身の丈にあったクオリティーは超満足です。
この価格でこの味なら大満足って感じ。

豚骨ラーメンに高い金を払うのが馬鹿らしくなったとか、安定感のある豚骨ラーメンを食べたいなと思った時には是非お試しあれ。

堅粕店以外にも結構な数店舗展開してますので、是非一度試してみてください。

コスパの良さは最強なのでおすすめですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。