赤ちゃんの離乳食の持ち運びには保温できるお弁当箱が便利。 最近のはスープジャーでおかゆが作れたり、麺類も入れられるよ!

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

離乳食が始まった赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭では、お出かけの際に手作りのご飯を持ち運ぶ事が多いですよね。

我が家にも、最近離乳食が完了した赤ちゃんがいますが、外出した際は食べるものにいつも困ります。
ついつい持ち運びしやすいパンやおにぎりになってしまいますが、栄養面が心配だし、いつも冷たいものを食べてかわいそう。

そんなときに保温できるお弁当箱が便利と聞いて、早速調べてみました。
最近の弁当箱ってすげぇーと思ったので、記事にしておこうと思います。

人気のサーモスのお弁当箱。コンパクトでおすすめ。

色々調べて候補にあがったのは、こちらのサーモスのお弁当箱。

ご飯用、スープ用、おかず用の容器が1つずつ付いていて、ケースとお箸もセットで付いています。
将来的にはお兄ちゃんのお弁当箱として使いたいのでネイビーをチョイス。

コンパクトなサイズなので、離乳食や小さい子供のお弁当箱を持ち運ぶのにはピッタリだと思います。
サーモスなので、数時間後でも熱々のご飯が食べれますよ。

スープジャーでおかゆを作るのが流行ってるらしい。

また、離乳食では欠かせないおかゆですが、スープジャーにお米とお湯を入れて放置するだけで作れるみたいです。
本当に便利な世の中になったもんです。

《基本の作り方》
①スープジャーに沸騰したお湯を入れて5分ほど温めておく。
②温まったらお湯を捨て、洗ったお米(大さじ2くらい)を入れる。
③スープジャーの8~9分目までお湯を注ぎ、蓋をする。
④3~4時間で出来上がり。

スープジャーの容量でおかゆの固さも変わるので、お米やお湯を調節してみてくださいね!

また、最近では子供の離乳食だけじゃなく、ヘルシーなランチとして女性にも人気で、色々なバリエーションがあるみたいです。

保温が出来るお弁当箱は便利。

これから子供と出かけるときは、自宅で作った温かいご飯が食べさせられるので、本当に良かったです。
こんなに、便利なら離乳食が始まる頃から欲しかったと嫁が言っていました。

これから、お子さんが離乳食を始める方にプレゼントしても喜ばれると思いますよ。
使わなくなってもお弁当箱として他の家族が使えるし、あると絶対便利ですよ。
結構色々種類もあるみたいなので、選ぶのも楽しそう。→保温ができる弁当箱

一つ持っておけば、様々なシチュエーションで活躍しそうなのでおすすめです!!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。