【福岡市博物館・ジブリ展】子供とシブリの大博覧会に行ってきたのでレポしとく。ネコバスは撮影可能、王蟲(オーム)はマジでリアルなので必見です。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日、子供達を連れて福岡市博物館で開催されているジブリの大博覧会、通称「ジブリ展」に行ってきました。

今回のジブリ展ではネコバスに乗って撮影できたり、王蟲(オーム)の展示があったりと、見所が多くてめちゃくちゃ楽しみにしていました。

子供が平日に休みだったので連れて行ったのですが、子連れで博物館に行くなら注意した方がいい事もあったので、そこらへんも含めて記事にしておきます。

福岡市博物館のジブリの大博覧会

イベント情報

日程2019/03/15(金)〜2019/06/23(日)
時間09:30〜17:30
※最終入館は17:00
会場福岡市博物館
福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1
休館日月曜日
ただし、4/29(月・祝)、5/6(月・祝)は開館。5/7(火)は休館
お問い合わせ先092-532-1111
(FBS福岡放送内 平日9:30〜17:00)
WEBジブリの大博覧会 公式サイト

期間限定の開催です。
気になる方は早めに行った方がいいですよ。

アクセスマップ

福岡市博物館は福岡タワーやヤフードームのすぐ近く、「ももち」エリアにあります。
博多駅や天神からもバスが頻繁に出ているので、地下鉄の駅は近くないですが、交通アクセスは比較的良いです。

シブリの大博覧会のチケット料金は?

当日券は

  • 一般・大学生 1,400円
  • 中学・高校生 1,000円
  • 小学生~4歳 600円

ちなみに再入場は不可です。

チケットもナウシカのイラストが描いてあって、記念にとっておきたくなるデザインです!

シブリの大博覧会に入るとき、子連れで注意したいこと

展示室内はベビーカーの持ち込み禁止

通路が狭かったり、暗い場所があったりするので、ベビーカーが展示物に当たったり、他のお客さんの迷惑になる恐れがあります。
ちなみに、展示室にはベビーカーの持ち込みが出来ません。
ベビーカー置き場があるので、そこで預けて観覧するようにしましょう。
小さいお子さんがいる場合は抱っこ紐があった方が、ゆっくり見れると思います。

リュックも前に持たないといけない。バッグは小さめがおすすめ。

今回は僕が一人で子供たちを連れて行ったので、2歳児のオムツや着替えをリュックに入れて行ってました。
そしたら、展示室の入口で、作品に当たる可能性があるのでリュックは前向きに抱えて欲しいと言われました。
次男はチョロチョロするし、目が離せないので、リュックを前に持っていてはとっさに抱っこできない為、ちょっと困ったなと思ったのが印象的でした。

これから遊びに行く方は、ぜひショルダーバッグや肩掛けバッグなどの小さめの鞄で来ることをおススメします。
荷物が多い方はロッカーなどを利用するのもおすすめです。

シブリの大博覧会はどんな作品が展示されているの?

まずは、エントランス!

「天空の城ラピュタ」のオープニングに登場する巨大な飛行船がお出迎えしてくれます。
上下に動いたり、光ったりしていてかなりの迫力。
ここはエントランスなので、無料で見ることが出来ますよ。

動画も撮ってみました。
少しでも雰囲気が伝われば、、、
あ、チャンネル登録も良かったらお願いしますww

特別展示室の入り口は2階。
大階段にもジブリ作品に登場したシーンが展示されていますので、じっくり見て楽しみましょう。

この時点で結構テンションは上がります。

ここから先の特別展示室からは撮影不可になります。
入口で配られていた、会場マップはこちら。

入ってすぐのとこにジブリのバーがあります。
そこには巨大なトトロがカウンターにいて、子供たちのテンションもめちゃくちゃ上がります。

各映画のポスターやラフ画は見たことのあるシーンも多いので、見どころが満載です。
鈴木プロデューサーの机が再現されていて、ところどころにジブリキャラクターも飾ってあって、作品に対する愛を感じます。

そのほかにも、アリエッティのドールハウスや大きなポニョなど、小さい子供でも飽きない展示がいっぱいでした。

福岡限定!ネコバスと写真が撮れる!

会場内で唯一撮影が可能な場所がネコバスのブース。

先月、東京のジブリの森美術館に行ったのですが、乗れるのは子供のみだし、撮影も禁止だったので、ここで写真が撮れて本当に良かったです。

なんと、行き先が「ふくおか」になっているんです。
これには本当に感動。
ここでしか、ふくおか行きのネコバスには乗れませんよ。

あのトトロのシーンでみた、ふわふわの座席。
エンディングでさつきとメイが座っていた場所に、子供たちを乗せて撮影できました。

ネコバスブースですが、シブリの大博覧会の中で一番人気のコーナーだと思います。
休日に行くと、かなりの待ち時間があって、人が多くて自由に撮影がしにくいとのこと。
もし、お子さんとゆっくりネコバスに乗りたいなって方は、絶対に平日に行った方が良いです!!!

リアルな王蟲(オーム)に圧倒される

福岡展には「風の谷のナウシカ」の王蟲の世界が再現されているブースがあります。

もうね、リアルすぎて圧倒されます。

なんなら、ぞわっとするww

ナウシカの映画を見たことない子供たちは、「こわーい」と下の子は半泣き状態。
巨大な王蟲の目玉は、赤や青に色が変わりながら光っているし、今にも動き出しそうな無数の足。

ほかにも、腐海にいた蟲たちもリアルサイズで再現されています。
ムカデに羽が付いたような蟲(ヘビケラ)や巨大なトンボのような蟲(大王ヤンマ)も、本当に大きくて気持ち悪さがすごい。

ちなみに、足元にはカビが付いた植物たちもいっぱいです。

ナウシカの世界観を体感できる、すごい展示でしたよ。
気持ち悪いんだけど、真剣に見たくなる不思議な感覚です。

展示物を楽しんだ後はジブリショップ

特別展示室でジブリの世界を満喫した後は、ジブリショップでお買い物が楽しめます!
大人気のキャラクターグッズやこの大博覧会でしか販売していない商品も多数です。

小さいけど、クオリティの高い王蟲も買えちゃえますよ。

ここはチケットがない方でも入れる場所なので、お昼を挟んでゆっくり買い物に来てもOKです。

シブリの大博覧会を見に行った感想

先月、東京のジブリの森美術館に行ったので、正直なとこ展示内容が被るかな~と思いましたが、全然そんなことはなかったです。
似たような展示もあったけど、普通に楽しめました。

迫力満載のシブリの大博覧会は見どころが多く、特別にジブリが大好きってわけではないのですが、期間中にもう1回来たいと思えるほど面白かったです。

開催期間は2019年3月15日~6月23日まで。
ぜひ、気になる方は福岡市博物館に足を運んでみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。