豚骨の聖地博多で食べログのラーメンランキング上位のお店『中華そば かなで』久々に中華そば食べたら美味しかった。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日以前から気になっていたラーメン屋にやっと行くことができました。

その名も『中華そば かなで』

博多といえば豚骨。

そんな豚骨激戦区の中で中華そばでのし上がった名店です。

ネットでラーメン検索をしてからずっと気になっていたのですが、会社から少し離れているのでなかなか行けなかったのです。

今回社用車を使って乗り込んだので紹介しときます。

博多区東比恵にある人気のラーメン店『中華そば かなで』

かなでの店舗情報

住所 福岡県福岡市博多区東比恵2-8-23
 TEL 092-441-1886 
営業時間  11:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日  火曜日

火曜日が定休日となっていますが、別のお店として営業してることもあるみたい。
その時はかなでのメニューはないらしい。
詳しくはブログをチェック。

中華そば かなでのブログはこちら↓
『濃厚とんこつ かなで食堂』『中華そば かなで』のブログ。

アクセスマップ

地下鉄東比恵駅から徒歩で約5分。
駐車場はお店の前に3台あります。
お昼時に行く時は徒歩の方がいいかもしれません。

博多エリアでは珍しい中華そばで人気のラーメン屋。

こちらのお店のすごいところは何と言ってもメインが中華そば。

博多と聞くとまず出てくるのが豚骨ラーメン。
そんな豚骨激戦区の中、中華そばで人気になるわけですから当然期待値は高まります。

そしてメニューはいたってシンプル。

中華そばを筆頭に塩そば、汁なし担々麺とあっさり系のメニューが並んでいます。
サイドメニューも結構充実しています。

1秒も迷うことなく、中華そばの大盛りを注文します。

麺の性質上、替え玉はやっていないそうです。
おなかいっぱい食べたい人は大盛りにするか、サイドメニューを注文しましょう。

姉妹店は豚骨ラーメンで人気らしい。

ちなみにこちらのお店は春日市にある『濃厚とんこつ かなで食堂』の姉妹店らしい。

その名の通り、かなで食堂は豚骨ラーメンで有名なお店らしい。
豚骨ラーメンのお店から、何故中華そばなのかが個人的には気になります。

春日市にはなかなか行くことはないですが、もし行くことがあれば是非行ってみたいですね。

恒例のテーブルチェック。人気ラーメン屋でも当然やる。

ラーメンを待つ間に恒例のテーブルチェック。
こちらのお店は意外とシンプルです。

スタンダードな胡椒。
そこにご飯用のふりかけ。

ふりかけも嬉しいですが、気になったのは濃縮プーアル茶。
お冷やに垂らすことで、お冷やがプーアル茶に進化します。
これは面白い。

チャーシューにも力を入れているみたいです。
チャーシューはラーメンの美味しさを決める重要要素の一つ。
期待が高まりますね。

これが博多区東比恵で人気の『中華そば かなで』の中華そばだ。

待つこと約5分。
お待ちかねの中華そばの登場です。

透き通っていて美しく見えます。
ピンク色のチャーシューも美味しそう。

まずはスープから味わいます。
鶏ガラベースのスープで、醤油の甘みがたっぷりで非常に美味です。
あっさりとしていて、体に優しい感じ。
二日酔いの時とかに食べたい。

中細麺のストレート麺はモチモチとしていて、あっさりとしたスープによく絡みます。
替え玉ができないのが残念なくらい美味しい麺。
こりゃ美味い。

お楽しみのチャーシューはスープの熱で瞬く間にレアではなくなのでさっさと食べましょう。
とにかくジューシーで柔らかくて美味しいです。
あっさりとした醤油ベースのスープにもよく合ってます。

スープや麺、トッピングにと随所にこだわりが感じられる中華そば。

大変美味でした。

ごちそうさまでした。

博多区東比恵にある人気のラーメン屋『中華そば かなで』に行ってみて。

食べログのラーメンランキング上位にあるのも納得できる味でした。

あっさりとしている分、豚骨ラーメンに比べると物足りなさは感じるかもしれません。
豚骨というこってりとした戦場で戦い疲れた時に、癒してくれるそんな存在ですね。
豚骨以外も食べてみたいという人には是非おすすめです。

あっさり系ラーメンならこちらのお店もおすすめ。
東比恵の『らぁめん シフク』

塩ラーメンも捨てがたい!?福岡市博多区東比恵で人気のラーメン屋『らぁめん シフク』に行ってみた。

2017.08.16

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。