塩ラーメンも捨てがたい!?福岡市博多区東比恵で人気のラーメン屋『らぁめん シフク』に行ってみた。

こんばんは、Dr.なんくるないさーです。

だいぶ久々の更新です。

ネタばかり貯まって更新できない日々が続いた中から、印象的だったラーメン屋を今日は紹介します。

僕が住んでいる福岡はとんこつラーメンが有名な地域です。

ですが、そんなとんこつラーメン最強地区の中でとんこつラーメンに負けじと人気のある塩ラーメン屋さんがあるんです。

その名も『らぁめん シフク』

ネットで検索をして知ったのがきっかけで、初めて行った時は行列ができていて断念したくらい人気のラーメン屋なんです。

今回は並ぶの覚悟で突撃したので紹介しときます。

東比恵にあるラーメン屋『らぁめん シフク』のスペック

店舗情報

住所 福岡県福岡市博多区榎田2-3-1 村下ビル1F
TEL 092-474-0090
営業時間 月 11~16時(LO15時半)18~22時(LO21時半)
火 11~16時(LO15時半)18~22時(LO21時半)
水 11~16時(LO15時半)
木 11~16時(LO15時半)18~22時(LO21時半)
金 11~16時(LO15時半)18~22時(LO21時半)
土 11~16時(LO15時半)18~22時(LO21時半)ランチ営業
定休日 水曜日の夜、日曜
WEB https://www.shifuku429.com/

アクセスマップ

近くに駐車場はないのでコインパーキングを利用してください。

行列に並ぶ覚悟で行ったほうがいい東比恵の塩ラーメン屋。

冒頭でも書いたように、初挑戦は行列がすごくて断念したこのお店。

ある程度並ぶのを覚悟して行きましょう。

今回は時間をかなり遅めにして行ったので、順番待ちはほぼありませんでした。

混雑した時に品切れを早めに知らせるための気遣いが入り口にあります。

並んで入ったはいいものの、お目当のラーメンが売り切れとか悲し過ぎますもんね。

こういったさり気ない気遣いも人気店たる所以なんでしょう。

ちなみに食券制です。

塩ラーメンだけかと思いきや、結構色々種類があって悩みます。

気になるのは当然塩ラーメン(600円)。

それ以外にも鶏白湯ラーメン(650円)や醤油ラーメン(600円)、つけ麺(750円)なんかもあって正直悩みます。

しかし、本来の目的を忘れることなかれと自分を戒め、塩ラーメンの食券を購入。

席に案内されラーメンを待ちます。

店内はかなり綺麗目なラーメン屋

ラーメンを待つ間に店内をパシャパシャ撮ってみました。

店内はテーブル席とカウンター席があります。

個人的には広々としたテーブル席がオススメです。

テーブルセットもかなり充実してます。

博多のラーメン屋では定番のラーメンだれに、ゆずこしょう。

ゆずこしょうがあるのがめちゃくちゃ嬉しい。

ヘアーゴムがあるのも女性客には嬉しい気遣いですね。

製麺するスペースも入り口の横にありました。

自家製麺というのもラーメン好きにはたまりません。

どんなラーメンが出てくるのか?

ゆずこしょうと塩ラーメンがどんなハーモニーを奏でるのか?

期待に胸を躍らせながら、塩ラーメンを待ちます。

人気の塩ラーメン、いざ実食。

出てきました。

これが巷で大人気の塩ラーメンです。

普段とんこつラーメンを食べてる者からすると、透明なスープは斬新です。

塩の香りも香ばしくて食欲をそそられます。

スープはあっさりとしていて、かつ濃厚な仕上がり。

体に優しく、ちぢれ麺にもよく絡みます。

これは確かに美味い。

すぐさま替え玉を注文。

一杯目はちぢれ麺で出てくるのですが、二杯目は細麺で提供されるのも斬新。

細麺は細麺で塩味のスープに絡んで美味いのです。

こりゃ人気出るのは仕方ない。

とんこつラーメンに慣れてしまうと、塩や味噌のラーメンが物足りなくなるんですが、ここの塩ラーメンは味が深くて満足できちゃいます。

ごちそうさまでした。

福岡市博多区東比恵で人気の塩ラーメン屋『らぁめん シフク』に行った感想。

実に美味かった。

とんこつラーメン以外もたまには食べてみるもんだなとしみじみ感じます。

場所がちょっと不便なのが残念だけど、また行ってみたいと思えるラーメン屋です。

次は塩ラーメン以外にもチャレンジしてみます。

東比恵周辺でラーメン食べたいと思ったときは是非行ってみてください。

順番待ちする可能性は高いので、時間には余裕を持って行きましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。