熊本ラーメンといえばここは外せない!熊本市中央区にある『桂花ラーメン 総本店』に行ってきた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日仕事で熊本市に行った時のこと、約束の時間まで少し時間があったのでお昼にラーメン食べようとふと思いつく。

熊本といえば熊本ラーメン。

すぐさまネットで近くのラーメン屋を検索。

近くに有名な桂花ラーメンの総本店があるではありませんか。

これは行くしかないということで行ってきました。

というわけで、今回は『桂花ラーメン 総本店』の紹介です。

熊本三大ラーメンの一つとして有名な『桂花ラーメン 総本店』のスペック。

店舗情報

住所熊本県熊本市中央区花畑町11-9 K-1ビル1F
TEL096-325-9609
営業時間月〜木 11:00〜23:45
金・土 11:00〜翌01:45
日 11:00〜20:00
WEB http://keika-raumen.co.jp/

曜日によって営業時間が異なるので、夜に行く際はご注意を。
飲んだ後に行こうとして、閉まってたなんかは避けたいですからね。

アクセスマップ

熊本市の中心街にあるのでアクセスはかなり良い方です。
公共交通機関なら熊本市電の市役所前で降りるとかなり便利です。

熊本城も近いので観光ついでに行く人も多いみたい。

そもそも熊本ラーメンとは?

全国に有名なご当地ラーメンは数ありますが、熊本ラーメンもそんなご当地ラーメンの一つ。
豚骨ラーメン発祥の地である久留米市から、玉名市を経由して熊本市とその周辺に広まったものと言われています。

スープは豚骨が中心ですが久留米ラーメンなどと違い、スープの継ぎ足しを行わないので豚骨臭が少なく、マイルドで食べやすいのも特徴の一つ。
最大の特徴はそのトッピングです。
チップ状にした揚げニンニクやマー油、フライドガーリックなどが入るお店がほとんどです。
それ以外にも煮卵やキクラゲ、メンマ、もやしなど豊富なトッピングも特徴的です。

博多ラーメンのトッピングがテンコ盛りという感じですかね。

桂花ラーメン以外にも、『黒亭』や『こむらさき』などという有名なお店もあります。

有名店らしい超立派な店構えの桂花ラーメン 総本店

こちらが熊本市にある『桂花ラーメン 総本店』です。
店構えが立派すぎて、思わず突っ込みたくなりますね。
まるで中華料理店のような佇まいです。
ちなみに創業は昭和30年というかなりの老舗。
僕が生まれる前からラーメン作っているということになります。
すげぇな。。。

入り口にはショーケース的なものもあります。
ラーメン屋でショーケースというのも新鮮。
僕が慣れ親しんでいる博多ラーメンとは一味違った進化を遂げているのが熊本ラーメンみたいです。

かなりの老舗だけどシステムは現代風のラーメン屋。

店内に入ると結構広めです。
テーブル席とカウンター席が用意されています。

こちらがカウンター席。
カウンター席だけでも10席くらいあって広めです。

テーブル席はさらに広め。
4人がけのテーブルと2人がけのテーブルの2種類が用意されています。
今回は1人なのでカウンター席近くの2人がけの席に座りました。

ちなみにこちらのお店は食券制です。

入り口に食券機があります。
ラーメンの種類は結構あります。

桂花ラーメン 600円にチャーハンがついたセットの食券を購入。

大盛りのラーメンにチャーハンがついて900円。
かなり良心的な価格設定。
ここら辺も人気店たる所以なのかもしれません。

他にもどでかい三枚肉が乗った太肉麺(ターローメン)や、豚肩ロース肉の香味揚げが乗っかった五香肉麺(ウーシャンローメン)などお肉推しのラーメンもあります。
太肉麺は結構興味をそそられましたが、今回は我慢。

席にてラーメンを待ちます。

さすがは熊本ラーメンの有名店。充実したテーブルセット。

ラーメンを待つ間に店内やテーブルセットを観察。
もはや恒例ですね。

こちらが桂花ラーメンのテーブルセット。
塩胡椒やラー油、餃子のタレとスタンダードなものは一通り揃ってます。
びっくりしたのがふりかけ。
ご飯用のふりかけもテーブルにセットされています。
個人的にはかなり嬉しい。
チャーハンじゃなくて白ご飯にすれば良かったと少し後悔。

トッピングメニューもかなり充実してます。
店員さんにお願いすれば、生にんにくも出してもらえるみたいです。
どんな時に使うんだろう?
次行った時に聞いてみようと思う。

熊本三大ラーメンの桂花ラーメン。これがその有名なラーメンだ。

待つこと約10分くらい。
待ち望んだ奴が出てきました。

これが有名な桂花ラーメンです。

ぱっと見で博多ラーメンとはかなり違いますね。
マー油の香りが食欲をそそります。
これぞ正統派熊本ラーメンなんですね。

スープは豚骨と鶏ガラのWスープで豚骨の臭みは全くありません。
飲んでみるとかなりまろよかで、博多ラーメンとはまた違った美味しさです。

麺は程よい太さで歯ごたえが良い麺です。
まろやかなスープとよく絡むので、ズルズルと食が進みます。

トッピングにはチャーシューと煮卵、メンマ、青ネギ、茎わかめと豪華なトッピングです。
中でも印象深かったのは茎わかめ。
博多ラーメンではまず入ることのない具材ですが、独特な食感がスープと意外と合って美味いです。

豚骨+茎わかめ=美味い

これは斬新な発見です。

こちらはセットのチャーハン。
パラっと仕上がったチャーハンもラーメンとよく合います。
なんでラーメン屋のチャーハンってこんなにも美味いのか?

普段少食な僕ですが、大盛りラーメンとチャーハンをあっという間に完食。
食べ慣れた博多ラーメンとはまた違い、美味しく頂くことができました。

たまには違ったラーメンを食べるのも良いですね。

ごちそうさまでした。

熊本市中央区にある有名な熊本ラーメン屋『桂花ラーメン 総本店』に行った感想。

熊本ラーメンを食べたことない人は一度食べたほうがいい。

この一言に尽きます。

全国津々浦々ご当地ラーメンはたくさんありますが、熊本ラーメンはかなり美味いの部類に入るのかなと思います。

豚骨の臭みがないので豚骨ラーメンが苦手な人でも美味しく食べれるはず。
マー油などの香りが香ばしく、充実したトッピングメニューもかなりの好印象でした。

昭和30年創業以来、熊本市民に愛され続けてきたラーメン屋は伊達じゃありません。

次行くことあれば太肉麺にもチャレンジしてみよう。

熊本に行くことがあれば、皆さんも足を運んでみてはいかがですか?
熊本ラーメンの美味しさと斬新さにきっと満足できますよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。