元・和食料理人が手がける『ラーメン加藤』で特濃A級 豚骨ラーメンを食べてきた

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

先日、仕事で久しぶりに山口県山陽小野田市を訪れました。
本当に何年ぶりだろ?ってくらい久しぶりな気がします。

あまり足を運ぶ機会がない地域でもあるので、行く前日にネットやInstagramを駆使して、訪問先周辺の美味しいラーメン屋さんをリサーチして、準備万端な状態で行ってきました。
どうせ久しぶりに行くなら、美味しいラーメンを食べたい。
奇跡的に時間を改めて再訪することになったので、これはチャンスと思い、目星をつけていた人気と言われるラーメン屋さんへ。

山陽小野田市に馴染みがないこともあり、美味しいラーメン屋があるイメージもないし、正直それなりに美味しければいいやくらいの気持ちで向かいました。
結果から言うと、向かってる最中の僕をぶん殴って謝罪したいと思うくらい、美味しいラーメンを頂く事ができました。

というわけで、今回は僕が度肝を抜かれた、至高の一杯を提供する『ラーメン加藤』さんを紹介します。

山陽小野田市にある『ラーメン加藤』

店舗情報

住所山口県山陽小野田市西高泊3384-8
TEL無し
営業時間09:30〜15:00
※スープが無くなり次第終了
定休日土、日、祝
WEBラーメン加藤 公式Instagram

ネットの情報で「行きたかったけど、なかなか行けなかった」みたいな声が多かったんですが、営業時間とかを調べて納得しました。
営業時間短いし、スープが無くなり次第終了だし、土日祝が休みだし、普通だったらなかなか足を運べないであろう狭き門。
ランチの時間帯は行列ができるそうなので、ある程度時間に融通がきく人じゃないと食べれませんね。

アクセスマップ

車じゃないと、超絶不便だと思います。
お店の前に駐車スペースはありますが、場所によっては少し駐車しにくいので、車をぶつけないように注意してください。
駐車技術に自信がない方は、第二駐車場もあるので、大人しくそちらを使うのも手だと思います。

非常にわかりやすい食券機に店員さんの気遣いを感じた

店舗入り口。
僕が行った時は行列はできてませんでしたが、すでにかなりの数のお客さんで店内は賑わっています。
帰る時には行列ができていたので、本当に人気なんだと感じました。

入口から入って左手にある券売機。
メニューの写真が入った食券機って何気に嬉しいんですよね。
どんなラーメンなのかがイメージできるので、選ぶのが楽しい。

写真を撮り忘れたんですが、入口に置いてある看板にも同じように写真付きのメニューが記されていました。
食券機に並ぶ前にどのラーメンにしようかと考える事が可能なので、後ろに人を待たせて焦ることもないです。
そこまで考えられているかは定かではありませんが、勝手にお客さんへの気遣いと解釈しました。
とても細かいところですが、こういう気遣いができるお店にハズレはないので、この時点で好感が持てます。

特濃A級豚骨ラーメン 670円を購入して、チャーシュー(220円)と煮玉子(140円)をトッピング。
魚介醤油や濃厚みそもすごく気になる。

『ラーメン加藤』の店主さんについて

ラーメンを待つ間に改めて『ラーメン加藤』についてリサーチをかまします。
ネット情報によると、『ラーメン加藤』の店主さんは元々下関市で、生け魚中心の和食を提供する「季樹魚(きじゅう)」という和食屋さんをやっていたそうです。
そこで提供した、魚のアラを使用したラーメンが人気だったみたいで、少しずつラーメンをメインにした業態に移行。
徐々にラーメン専門店として、人気を集めて行ったそうです。
スープの仕込みに時間がかかることも考慮して、自宅のある地元・山陽小野田市に移転。
そのタイミングで店名も『ラーメン加藤』に変更して、今に至るんだとか。

そんな斬新な経歴を持つ方が作る豚骨ラーメンはどんな一杯なんだろう?
もう興味しかありません。

『ラーメン加藤』の特濃A級豚骨ラーメンを実食

10分かからないくらいでラーメンが登場。
フワッと豚骨の香りが鼻をくすぐるんですが、不思議と豚骨臭さは感じないです。
ビジュアルも綺麗で、上品な濃厚豚骨。

写真だとわかりにくいですが、スープが泡立ってるのがわかりますか?
そうです、美味いスープです。
泡系とか豚骨カプチーノとか色々呼び名はありますが、一双然り、一幸舎然り、このタイプのスープは絶対に美味しいという法則があります。

スープから頂きます。
めちゃくちゃドロドロしていて、濃厚なスープ。
天下一品のスープが一瞬フラッシュバックしたくらい、濃厚ドロドロスープ。
天一ほどのくどさはなく、後味はサラッとしています。

そして、一番気になったことのが、濃厚なのに豚骨臭さを感じさせないんですよね。
香りも味も豚骨臭くない。
こんなに濃厚でドロドロなのに不思議って思いながら、スープを啜ってました。

記事を書く上で調べてたら、化学調味料を使用しない無化調のスープにこだわり、スープを使い切る「取り切り」のスタイルで作られているそうです。
なるほど、それでこの味かと納得。

麺はストレートの細麺。
ほどよい硬さの麺と濃厚なスープの絡みがたまりません。
完璧な組み合わせ。

トッピングで増量したチャーシュー。
これがまた美味しい、トッピングして正解でした。
しっかりと肉厚ですが、ホロホロな柔らかさで、口に入れた瞬間お肉の旨味が襲ってきます。
濃厚なスープに負けないくらい味がしっかりしています。
もっとトッピングしたいくらい。

そして、煮玉子。
割った写真の方が美味しそうに見えるかと思って割ってみましたが、まだ修行が足りませんね。
美味しい煮玉子の魅力を伝えきれず、申し訳ない気持ちになりました。
とろけ具合がいい塩梅で美味しいです。
スープと絡めて食べることで、美味しさ×無限大になるのでお試しください。

美味しいという感想以外思いつかないくらい、本当に美味しいラーメンであっという間に完食。

ご馳走様でした。

『ラーメン加藤』のラーメンは県外からでも足を運びたいと思える至高の一杯でした

いやー本当に美味しかったです。
僕の年間ラーメンランキングに余裕でランクインしました。
地元の人に人気なのも納得です。
山口県を代表するラーメンって聞いても納得すると思う。

ラーメンを待ってる間に感じたんですが、店主さんをはじめ、店員さんの接客がめちゃくちゃ気持ちいいんですよね。
値段もリーズナブルなので、こんなに美味しいラーメンを食べれて、気持ちいい接客もしてもらえるのに、こんなに安くていいの?と申し訳ない気持ちになるくらい。
福岡からは離れてますが、絶対にまた来たいと思えました。
こんなお店が近くにある山陽小野田市の人が羨ましいです。

他のメニューも気になったので、絶対にまた来ようと思います。
豚骨ラーメンが好きな方は足を運んでみる価値は絶対にありますよ。
ぜひお試しあれ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。