宮崎市瓜生野にある『ラーメン 黒木食堂』でこだわりのチャーシューメンを食べてきた。

こんにちは、Dr.なんくるないさーです。

今回紹介するお店は、宮崎市瓜生野にある『ラーメン 黒木食堂』というお店。
僕のバイブルであるラーメンWalkerにも取り上げられていて、ずっと気になってたお店です。

実際の紹介記事はこんな感じです。
「チャーシューにこだわった一杯」というフレーズが僕の心を鷲掴み。
元精肉店の店主が作るチャーシューなんて美味しいに決まってる。

やっと足を運ぶことができたので、さっそく紹介していきます。

宮崎市瓜生野にある『ラーメン 黒木食堂』

店舗情報

住所 宮崎県宮崎市瓜生野2287-1
TEL 0985-41-1030
営業時間 11:00~14:00

※スープが売切れ次第終了

定休日 日曜、月曜

僕がなかなか足を運べなかった最大の理由が営業時間。
なんと昼の3時間のみという短さ。
しかも、スープが売切れた時点で終了。
ラーメンに辿り着くためには、運要素も少なからず必要です。

アクセスマップ

車がないと不便な場所にあります。
駐車場はお店の横に8台くらい。
ラーメンって看板がないので、見落とさないようにご注意を。
僕は一回気付かず通り過ぎてました。

食堂の名に相応しい雰囲気の店内

店内はこんな感じで、カウンター席とテーブル席、座敷席があります。
漫画もたくさん置いてあって、本当に食堂みたいな感じ。
時間がゆっくり流れてるような気持ちになります。

黒木食堂のメニュー。
ひれかつラーメンやチャンポン、あんかけ焼きそばなど、好奇心がそそられるメニューがありました。

この日はチャーシューメンが目的だったので、心が揺らぐ前にチャーシューメン大(1,000円)を注文。
食券制ではなく、おばちゃんに伝えるシステムです。

売切れ続出らしい、チャーシューお持ち帰り。
チャーシューが美味しいと評判のお店のチャーシューお持ち帰り。
是非食べたいと思ったら、残念ながら売切れ。

元精肉店のこだわりが詰まったチャーシューメンがこちら

到着。
見た目はオーソドックスな宮崎ラーメンのビジュアルですね。
チャーシューがいっぱい入ってて嬉しい。

豚骨の旨味をしっかりと感じられる、あっさりめなスープ。
醤油の味も絶妙なバランスで、やっぱり宮崎ラーメンは美味しい。
何回食べても飽きない。

麺は中太のストレート麺。
宮崎ラーメン独特の柔らかめの茹で具合が良い感じなんですよね。
スープとの相性も最高。

肉厚のチャーシュー。
最高のチャーシュー。
肉の旨味すごいし、醤油ダレの味もしっかり染みてて、最高に美味しい。
それが何枚も入ってるからたまらない。
とにかく美味しいという感想しか出てこない、キングオブチャーシュー。

宮崎ラーメンといえば、やっぱりにんにく醤油。
もちろん投入しました。

やっぱり美味しい。
というか、黒木食堂のにんにく醤油が美味しい。
にんにくの主張が強すぎず、弱すぎずでちょうどいい。

最高の一杯でした。

ご馳走様でした。

チャーシュー好きにはたまらない『ラーメン 黒木食堂』のチャーシューメン

噂に違わぬ、むしろ噂以上の美味しさでした。
精肉店の人がこだわりを込めてチャーシューを仕込むと、次元が違うチャーシューが生まれるということを知りました。
全国の精肉店の方々、ラーメン屋さんを始めてください。

営業時間が短く、希少価値の高い一杯だとは思いますが、何度か訪問してでも食べる価値のある一杯だと思います。
チャーシュー好き、チャーシューメン好きは絶対に食べるべきです。

次はひれかつラーメンやあんかけ焼きそばも試してみようと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

宮崎市で人気のラーメン屋『らーめん本舗 さといも』に行ってきた。

2022.01.20

宮崎の老舗ラーメン屋『きむら(喜夢良)ラーメン 大淀店』に行ってきた。

2021.12.21

宮崎市の『拉麺男(ラーメンマン)』で超濃厚宮崎ラーメンを食べてきた。

2022.02.04

宮崎の老舗ラーメン屋『風来軒 加納本店』で鬼豚骨ラーメンを頂いてきた。

2021.11.30

宮崎を代表する老舗ラーメン店『栄養軒』を初訪問。

2022.02.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。